電気主任技術者の仕事内容

電気設備の安全性と健全な運用を行うことが、電気主任技術者として広く一般的に知られている仕事です。それはつまり、導入した電気設備を、購入時の設計仕様で最も安全とされる状態で運用し、購入したメーカーの更新推奨年で故障が発生する前に電気設備を新しいものに交換するということです。

これは、悪い言い方をすると、電気設備の負荷を増やし稼働率を上げて利益を増やすことは、電気設備の安全性が損なわれるため行わない。まだ使用可能な電気設備を捨てて、新しいものを購入する。といった無駄遣いを行っていることにもなります。

一般的に株式会社とされる民間の企業は、利益を求めることを目的としています。したがって企業は、電気設備の稼働率向上や省エネルギーの推進・保全コストのミニマム化といった、製造維持コストをいかに下げるかを重視しています。しかし、電気主任技術者は、法律だけに遵守した仕事では、企業の目的と反する行動をとってしまうことになります。電気主任技術者は企業に属しているので、そんなわけにはいかないのが実情です。

したがって、電気主任技術者は、こういった企業営利活動の要求にも答える必要があります。電気に関する高度で技術的な知見から、電気設備の能力を安全に限界まで引き出すこと、それがこの仕事の一番の醍醐味となります。

営利活動の要求に答え、企業を前進させる電気主任技術者が増えることで、生産性の向上や低コストで製品が生み出され、社会がより豊かにもなってゆきます。

電気主任技術者は電気設備の安全性と健全な運用を行うことに責任を持つため、決して簡単なことではありませんが、企業が求める人材は、そのような人材が望まれており。電気の安全性確保と社会を一層発展させていく仕事が電気主任技術者の職務となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました